ジャニヲタです!
ちょっぴりエッチな妄想ラブストーリーを連載中♪
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

手越祐也主演映画「疾走」
原作が重松清氏なんです。
人に薦められるほどのジャニーズ主演映画は少ないのですが、この作品はよかった。

疾走 スタンダード・エディション

人生の歯車が少し狂っただけで、坂を転がるように人間が堕ちていくさまが描かれています。
家族の崩壊、自殺、心中、虐待、いじめ、殺人、放火、ノイローゼ。
暗い要素が盛りだくさんの、どこまでも重苦しい映画です。

アマゾンのレビューを読むと、「原作に比べて内容が薄い」という意見もあるようですね。
原作を読んでいないので比べる対象がないせいか、私は最後まで集中して観ることができました。

主演のシュウジ役にはNEWS&テゴマスの手越祐也くん。
演技力があるとは言えないものの、映画初主演にしてはなかなかの好演。
思春期の中学生の危うさがよく出ていると思いますよ。
それでもNEWSファンとしては、やくざに殴られるテゴを観るのはつらい。。。
希望の見出せるラストシーンが、せめてもの救いでした。

豊川悦司さん、中谷美紀さん、大杉漣さんなど共演陣も豪華な顔ぶれです。
あらすじはアマゾンでどうぞ。
疾走 スペシャル・エディション (初回限定生産)

p.s. テゴマス「第38回春の高校バレー全国大会」サポーター決定おめでとう祝
「ハッピーフィート」でヲタバレ!?
「ハッピーフィート」、観てきました!
ご存知、手越祐也声優出演、NEWS「星をめざして」テーマソングのペンギン映画です。
公開中なので内容については控えさせていただくとして、きょうは映画館の様子を書きたいと思います。

3月某日。
穴場的な映画館だったせいか、客席はパラパラです。
埋まっているのは3分の1ぐらいでしょうか。
おいおい。いくら平日とはいえ、春休みなのにこんなことで大丈夫なの?
一瞬不安になりましたが、この映画館は小さなホールがいくつもあり、同時に10タイトルぐらい上映されているので、お客さんが分散しているのかもしれません。
「ハッピーフィート」を観にきているのは、ほとんどが幼稚園児及び小学生とその母親。
ま、アニメですからね。ここまでは普通の光景。

特筆すべきは、エンドロールが流れた時の空気です。
本編の上映が終わると、まずは本来のテーマソングである英語の歌がかかりました。
普通ならば、この時点でザワザワと帰り始めますよね。
ところが、席を立つ人がほとんどいない。
引率のお母さま方、みなさん食い入るようにスクリーンを見つめているんです。

英語の歌の後、続けて「星をめざして」が流れました。
すると館内に緊張が走り、みんなスクリーンに目が釘付け。
ちょっと待ってくださいよ〜。
この人たち、全員お仲間ですか?
隣の席の上品そうな奥さま、エトロのバッグ持ってるじゃないですか。
どう見てもヲタには見えないっス。。。
完全武装ですね。
見た目に惑わされてはいけない。
……にしても、誰も席を立たないよ。
みなさん、この歌が終わるまで帰らないおつもりで?

曲が終わったその時です。
スクリーンに大きく「星をめざして」「NEWS」の文字が。
おおっ!
思わず声が漏れてしまったかもしれない。
気のせいか、おおっ!て聞こえた気がするわ。
みんなで一斉にどよめいたから、心の声が一つになったのかも。

「キャーッ♪ 今NEWSって出たよ〜」
帰ろうと、出口のドアに手をかけていた中学生の女の子たちが叫びます。
出たね〜。よかったね〜(≧▽≦)
一緒に喜べなくて残念だわぁ。
アタシもう中学生じゃないからさ。
卒業したの。とうの昔に。
だけど気持ちはおんなじだよ。
魂だけ飛ばしてハイタッチしてもいいかな?

ん? 何だろう。視線を感じる。
横を向くと、同じ列で、遠くからこちらをジッと見ている人が……。
長い髪を一つに束ねた、ふくよかな30代女性です。
服装はパーカー&ジーンズのカジュアル系。
1歳ぐらいの赤ちゃんをお連れでした。

あの。もしかして、ご同朋でしょうか。
私、ヲタオーラ出てました?
喜びが顔に浮き出てました?

初対面なのに、なぜか初めて会った気がしない。
不思議だわ。昔からの友達のようにも思える。
1歳の赤ん坊に映画を観せてもわからないでしょうね。
それ以前に、普通はベビー同行で映画館には来ないでしょう。
そこまでして観たかった。そうですよね。

そういう自分もかなり怪しい。
いい大人がペンギンアニメを一人で観てるんですから。
(子どもたちは別会場で「ワンピース」を観てました)
不審ですよ。
キャーキャー言ってる中学生を、温かい目で見守ってるし。

今までジャニヲタだと見破られたことはなかったんだけどなぁ。
自分から言わない限りは。
同じ匂いのする人間はわかるものなのかしら。
思いきって話しかければよかったかな。
「NEWSのファンの方ですか?」って。
友達になれたかもしれない。
ポテンシャルの高い男
NEWS・手越祐也くん&増田貴久くんによる美声ユニット“テゴマス”。
2ndシングル「キッス〜帰り道のラブソング〜」は、ファーストキスの甘酸っぱさを思い出させるラブソング。
桑田佳祐さんや EXILEの新曲と発売日がバッティングしたにも関わらず、売上は善戦しているようですね。

歌詞の中で特に印象的だったのは、ふたりの会話の部分です。
「おばあちゃんになってもキスしてくれるの?」と問う彼女に、「その時には僕だって同じだよ」と優しく答える彼氏。
恋愛初期のドキドキが終わっても、結びついた気持ちは離れることなく続いていく。
ずっとずっと、永遠に。
そうありたいと願う気持ちが、台詞の一幕から感じ取れました。
プロモーションビデオには、ベンチで寄り添うカップルや老夫婦が登場し、曲の世界観を美しく映像化しています。

個人的に、テゴには期待しているのです。
そこいらに転がっていそうな素朴少年が、この数ヶ月でメキメキかっこよくなるのには、目を見張るものがありましたね。
ジャニーズ的成長期とでも申しましょうか。
さなぎから蝶へ、見事な脱皮を遂げました。
その様子は、まるで手品を見ているかのような錯覚を覚えるほど。
これぞ「ジャニーズマジック」。
まったく、育つものからは目が離せません。

ですが、面白くなるのはまだまだこれから。
19歳。今は変態の途中過程にすぎないのです。
コミュニケーション能力の高さが企業の求める人材なら、アイドルに求められるのは変身能力。
ファンを飽きさせない。これに尽きます。
そういう意味でも彼は、さらに化ける可能性を秘めた、非常に楽しみな人材だといえるでしょう。

ベビーフェイスでかわいいのは見てのとおり。
だけど、テゴの魅力はそれだけじゃないんですよね。
彼はキャラがいいんだわ。
憎めない天然。マイペースな自己中。
そこにいるだけで場が和むので、緊張の中和剤になる。
このテのボケキャラは、グループにひとり、欲しいところです。
ボケがいるからツッコミが活きるというもの。
もしもメンバーが全員二の線だったら、誰も何も突っ込めないではありませんか。
笑いもとれず、トークも盛り上がらずで、結果、「イケメンばかりでつまらない」という悲劇を生んでしまうやもしれません。

問題の多い人物でも、必要とする人間はいるんであります。
むしろ欠点は萌えキャラに欠かせない要素ですね。
俺様九州男児のシェフ見習い、松本潤くん主演「バンビ〜ノ!」の先週の視聴率は14.0%。
不甲斐なく情けない男を演じる山下智久くんの「プロポーズ大作戦」は16.4%と、この2番組が多くの視聴者を獲得しているのは、数字にも表れています(ビデオリサーチ調べ・関東地区)。

西の俺様、東のヘタレ。
共通しているのはダメな男。
いわゆる「母性本能を刺激する」というやつでしょうか。
「出来の悪い子ほどかわいい」とはよく言ったもので。
もちろん、「ばかは許せない」という方もおられますが、私はできすぎだと逆に物足りないというか。
例えば、カッコよくて頭もよくてお金持ちで、そのくせ腰も低いなんて、うさん臭い気すらしてきます。
本当に腹黒い人は、隙を見せないように気をつけているはず。
「ばか丸出し」というのは考えにくい。
騙されないように気をつけなきゃ、と防衛本能が働くのかもしれません。

そんなわけで、ダメなのは悪いことではないのだと思います。
適度なダメさは、相手に安心感を与えるんですよね。
俺様もヘタレも、自信を持ってダメっぷりを発揮していただきたい。
何かひとつぐらいダメなところがないと、キャラクターに人間味が感じられませんよ。

テゴの話に戻りましょう。
ジャニーズというと、歌唱力が足りない分をビジュアルとパフォーマンスでカバーしているイメージがありますが、彼は歌もうまい。
声に伸びがあって、吐息を抜くような歌い方は実にバラード向き。
アイドルだからとばかにできない実力派ですね。
踊りはもうひとつかな。
ろくに経験も積まないうちにデビューしたんだから、動きが硬いのはあたりまえっちゃああたりまえか。

いいんだいいんだ、テゴ。
大事なのは技術じゃないんだから。
バク転ができない先輩だって、第一線で活躍しているではないか。
得意なことで納得させればいいんだよ。
ローラースケートはいて、踊りながら上手に歌ってみろとは言われないさ。
どれも中途半端になるぐらいなら、何かを捨てるほうが潔い。
そのへんは、事務所もファンも寛容なのです。

とにかく、若いうちはやる気を見せておくべし。
「がんばりまっす!」
それでOK!
未熟さも立派な売りもの。だからジャニーズはおもしろい。
「私たちがついてるわよ〜」って、応援したくなっちゃう。

NEWSで一番ポテンシャルの高い男。
その名も手越祐也。
近い将来、何かスゴイことをやらかしてくれる気がします。

拍手または一言メッセージを送る

「24時間テレビ」手越祐也と描く『ナスカの地上絵』
私情です。まったくの。

タッキー&翼がメーンパーソナリティーを務める今年の「24時間テレビ」。

19日の午前中に放送された『ナスカの地上絵』コーナーについて。


某テレビ誌の記事によると、『ナスカの地上絵』は10時ごろ放送予定とのこと。

当日は、起床とともに新聞のテレビ番組表をチェックしたのでした。




え?

ない?

「NEWS・手越祐也」の名前がどこにもない。

そ、そんなはずは。。。

だってロケですから。

放送されることはわかっているはず。

「嵐・二宮」と「カトゥーン」があるのに「NEWS・手越祐也」の文字がないというのは一体……。



名前が長いからかな?

「NEWS・手越」としても7文字。

1行目に余白があるじゃないか。

もったいない。

ここを詰めて、ほかの文を調整すれば、2行ぐらい捻出できるよ。

19日なら2日目なんだから、「タッキー&翼」はタキツバでも十分、通じる。


▽NEWS・手越が『ナスカの地上絵』を現代に再現

入るでしょ。


すでに各家庭に配られている新聞に突っ込んだところで、どうなるわけでもないのに、それでも1、2、3と文字数を数えずにはいられない。

どんな理由にせよ、削られたことに変わりはないわけで。



あの。



大変なロケだったと思うんです。

現地に行ったテゴもそうだけど、ペルーで『ナスカの巨大地上絵』を掘ってきたということは、お許しをいただく段階から、すごい予算と労力がかかっている企画だよね。

当日の番組表には載せてほしかったな。

今回は、事前の告知も控えめだったから、特に。



まあ、終わったことですし。

ファンは自力で情報を得て、観ているとは思います。

私情ですのでお気になさらず。

って、いつも私情を書いてるんですが。



手越くん、お疲れさま。

ハーフパンツがお似合いでしたわ。
ドSの手越様はおねだり上手!?〜『HEY!HEY!HEY』
笑えましたね〜〜〜わーい

きのうの『HEY!HEY!HEY』。

NEWSのトークに片っ端から突っ込みたい!

のはやまやまですが、

その気持ちをぐっと抑えて

ひとつに絞ります。

やはり、これでしょうな。

NEWS手越渾身の作詞

ドMの歌(タイトルなし)。

では、ネタを見ていきましょう。


続きを読む >>
ジャニーズでいちばん歌がうまいのは!?
ある日の午後。

ムスコ1から突然の質問。

「ねえ、ジャニーズでいちばん

歌がうまいグループってどこ?」

え?

歌がうまい?

ど、どこだろうか。

そんなこと考えたことも

なかったからなあ。

どうしよう。

出てこない。

えーっと、えーっと。

SMAP。

あ。

該当者なしで、

自動的に

消去法に

切り替わってしまったみたい。

つまり無意識に

SMAPから

除外しようとしたのか(ーー゛)

人間の脳って

深いわあ。



私が長らく悩んでいると、

「じゃあ、いちばん歌がうまい人は?」

と質問を変えてきたムスコ。

「あ。それはね、

手越!

ひらめき

わかった。

「いちばん歌がうまいグループはね、

テゴマス!

「本当にうまいよ」

ああ。ゴメンよ〜。

NEWSって言ってあげられなくて。

テゴマスはNEWS内のユニットで、

テゴもまっすーも

NEWSのメンバーなのに。

だいたい2人しかいないのに

グループと呼んでいいものなのかも

ちょっとね、

ためらわれます。

しかしNEWSをうまいと言うのは

よけいにためらわれ。。。

う〜ん。

全体的に考えれば、

NEWSもジャニーズの中では

ヘタなほうではないと思うんだが。

平均点を下げているメンバーの分を

テゴマスの歌唱力が

カバーしてい……←パンチ

ま。NEWSは踊れるグループだから、

歌が多少いただけなくても、

ダンスで訴求できるしね。

それに

人の心を狂わせる鼻声と、

舌ったらずな甘い声で、

本能的に訴えるという

隠し味が入っているもの。

声で性感帯を刺激して、

よけいなことは考えさせない。

そんなマネができる人は

そうそういませんて。

声フェチの私が認めてるんだから、

間違いありません。

ファンの証言も多数あり。

よく“ヘタうま”って

言うじゃないですか。

松田聖子さんなんかが

そうですよね。

決してうまくはないんだけれども、

人の心に響く歌声。

彼女の声に癒されるという

男性もいます。

聖子ちゃんが“ヘタうま”なら、

彼らの場合は“エロうま”、

または“エロヘタ”ですかね。

歌がうまいとかヘタだとか

そんなことは

どっちだっていいの。

いい味出してる

グループだと思いますよ。



歌がうまい人って、

各グループにひとりふたり

いるんですよね。

いっそ「いちばんヘタな」

と聞いてくれればなあ。

それならこの人しかいない!

って人が、すぐに頭に浮かぶんだが。

名前は……

い、言えないわ。

こんなところで。

彼のレギュラー番組で、

NEWSのコたちが

お世話になっているのに。

心証を悪くして

今後ゲスト出演した時に

いじわるされたり、

扱いが悪くなったりしたら

まずいじゃないの。

推して知るべし。



まあね、歌がうまいだけが

歌手じゃないから。

や、

SMAPは歌手なのか?

自分で言って、

妙な違和感を覚えちゃった。

あああぁ。

(゜▽゜)

今の、

大ヒントになっちゃったかも汗

拍手または一言メッセージを送る
テゴマス“アイアイ祭り”
いよいよ始まる“アイアイ祭り”。

6月18日にリリースされる

テゴマスのシングル第3弾

「アイアイ傘」。

プロモーションのための

メディア露出がものすごいっ。

テレビとラジオの出演予定を

まとめようかとも思ったのですが、

なんや続々追加になっておるようで。

テゴマスの担当様のブログに

書いてある情報を信じて、

録画予約を入れております。

ローカル局は観られないテレビや

入らないラジオも多いなあ。

電波の壁は

テゴマス担様の力をお借りして

乗り越えるべし。

どんな様子だったか

ブログで読ませていただこう。

できる限り参戦しますよん。

アイアイ祭りぴかぴか



えーっと、確かですね

「SUMMER TIME」のリリース時には、

これしか出ないのかい、

と不安になるほど

NEWSの露出が少なかったと

記憶しておりますが。

今回のテゴマスの

売り出し方が

半端なくすごくて。

これはこれで、

何かの間違えじゃないかと

思ったり。。。

いやー私、

事務所はNEWSを

売る気がないんじゃないかと。

そんなことを、

ちらっと考えたりも

しちゃったもんで。

新曲の衣装も

Tシャツとジーンズだったし。

歌のイメージに合わせて

NEWSをカジュアルにした分、

KAT-TUNに予算を

回したかったんじゃないかとか。



でも取り越し苦労だったようです。

テゴもまっすーも

力を入れてもらえてよかったね。

テゴマスは勢いが出てきて、

売り出し時ですよね。

担当ブログの増え方が、

最近すごいもん。

最高の波が来ているように

思いますよ。

今こそテゴマスが

主役としてカメラの前に立ち、

新たなファンを獲得する時。

そして、それをNEWSに

持ち帰ってもらいたいものです。

少し寂しい気もするけれど、

あのコたちだって、いつまでも

ヤマピーや亮ちゃんの後ろに

ちょこんと座っていたいわけじゃ

ないと思うから。

これで注目されて

一気にブレークするなら、

それは時代の要請にほかならず。

ブログに何か書くということは、

少なからず

人に影響を与えているわけで、

本人に自覚がなくても、

ブレークの後押しを

していることになるんだよね。

ふたりを

気持ちよく送り出してあげたいな。

陽のあたる場所へ。



とりあえず今週末は、

Mステ→Hi!Hey!Say!→新堂本兄弟に

ゲスト出演だっけ。

毎日のように何かしら出るから、

しっかりついていかなきゃ。

テゴニャン、生放送では

(上目線で)失礼のないようにね。

まっすーはポロッと

失言しないように気をつけて。

テレビの前で応援してるよ。

ふたりともしっかりね〜p(^^)q

拍手または一言メッセージを送る
お嬢さん、手越くんはいかが?
いやいやいやー、よかったよ。

ゆうべの『ミュージックステーション』。

テゴニャン、トーク上手にできてたよね。

まっすーも失敗しなくてよかった。

生放送だからヒヤヒヤしたわあ。

歌もよかったよー。

「アイアイ傘」の歌詞どおり、

ピュアな気持ちが

まっすぐに伝わってきて

おかーさんジーンとしちゃったニコニコ

録画もバッチリ。

その場でリピート再生×4回。

テゴマスには

完全なる母目線でいられるからね。

罪悪感とも無縁なの。

ムスコの晴れ舞台を

見守るような気持ち。



ねえねえ、

通りすがりのお嬢さん!

誰のファン?

え?

平成ジャンプ?

あー、そうねー、

ジャンプは爽やかだからねえ。

でもね、

爽やかさならNEWSも負けてないよ。

いや、むしろ勝ってるよ。

ジャンプはメンバー全員が

平成生まれで若いから

持ち前の爽やかさだけど、

NEWSは年季の入った爽やかなの。

カメラを向けられると、

一瞬で爽やかくんに変身して

風を呼べるんだよ。

すごくない?

ありえないほどの爽やかさを

約束しますよ〜パー

家に居ながら

海や高原に

行けるようなもんだよね。

お金もいらない。

クーラーもいらない。

NEWSがいるだけでエコな暮らし。

彼らは女の子に優しいけど、

地球にも優しいんだよ。

爽やかって

温暖化防止に役立つよね。



手越くん、かっこいいでしょ。

新曲の衣装も全身まっ白で、

肌まで色白で

王子様みたいでしょ。

こんな彼氏がいたらいいよねぇ。

手越くんなら

ロマンチックな気分に

させてくれるよ。

アイアイ傘で、

ぐっと肩を抱き寄せて

雨に濡れないようにしてくれるよ。

ひとつのグラスに

ストロー2本さして

一緒にジュース飲んでくれるよ〜。

彼ならベッタベタにベタなことを、

恥ずかしがらずに

ベタベタやってくれるって。

女の子はね、

ベタをひととおり

知ってたほうがいいのよん。

大人になって

「ああいうことやりたかった」

って思っても

なかなかやれないから。

(やってもらえないのよね)

女子なら一度は

ベタなデートを

経験しときなさいな。

後学のために。

基本がわかってないと、

ひねることも評価することも

できないしね。

ロマンチストな男子が

身近にいなければ、

手越くんのファンになればいいよ。

テレビやDVDで、

楽しいこと

いっぱい教えてくれるよ。

コンサートに行くと、

“子猫ちゃん”って

呼んでくれるんだよー。

どうかな。

クラスにいないんじゃない?

こういうタイプ。

ね。一緒にNEWS応援しよるんるん

拍手または一言メッセージを送る
テゴマス「アイアイ傘」PVレビュー
本日は、テゴマス3rdシングル

「アイアイ傘」の発売日。

ふふふふふ(^.^)

すでに手元にございますですよ。

前日にフライングして

買っちゃったんでね。

初回限定盤にはPVと

その撮影メイキングの

DVDが付いております。

NEWSのファン目線で

感想をひと言。



前作「キッス〜帰り道のラブソング」から約1年。

今回も、PVの映像がとても綺麗。

テゴマスの2人が天使となって、

雲の上から地上のカップルに

雨を降らし、アイアイ傘を生む。


これがPVのテーマだそうです。

「アイアイ傘」を口ずさみながら、

大きな丸いシャワーで

雨を降らせるふたり。

天使の格好をした

小悪魔のテゴニャンが、

疑うことを知らない

まっすー天使に

「いたずらしちゃおうぜ」

とそそのかす。

私の目からは、

こう見えるんですわ。

多少、先入観が入ってますかね(笑)。

ふたりとも本当の天使みたい♪

素直にそう思えない自分が哀しい。



下にはアイアイ傘で

黄色い傘をさす

小学生のかわいいカップル。

雲の上のテゴマスも、

彼らに負けず劣らず

お似合いです。

テゴが男の子で、

まっすーが女の子。

彼女のほうが

ポッチャリしてるんですね。

瞳がうるっとしていてカワイイんだ。

ほっぺはポチャポチャ。

つつきたくなっちゃう。

まるでイチゴ大福みたいな彼女です。

白い粉で包んだ

モチモチの和菓子の中に、

みずみずしいフルーツを

閉じ込めました!

まっすー天使は、そんなイメージ。

いまどき珍しい清純派です。

むっちりした腕が、これまた素敵。

ヤマピーとまっすーのファンは、

腕フェチ率が高いんですよね。

うんうん。わかりまっすー。

彼らの腕を見れば一目瞭然です。

ちなみにこの流れ、

なんだかわかります?

堂本光一さん→山下智久さん→増田貴久さん
続きを読む >>
蔵出し☆手越祐也
嵐がメインパーソナリティーを務める今年の24時間テレビ。

NEWSを代表して(?)、『世界の果てまでイッテQ』に出演中の手越祐也くんがコーナー出演するそうです。

今やSMAPを凌ぐ勢いの国民的アイドル・嵐は知っていてもNEWSの手越くんは知らない、という方々の理解を助けるべく、私がブログに書いたテゴ関連のエントリーをピックアップ。

ぴぃ担の目から母目線で見た、手越祐也くんてこんな人!

通りすがりのお嬢さま、お姉さま。

NEWS・手越祐也をよろしくお願いいたします<(_ _)>



るんるんポテンシャルの高い男 2007.05.22

るんるんドSの手越様はおねだり上手!?〜『HEY!HEY!HEY』 2008.02.26

るんるんお嬢さん、手越くんはいかが? 2008.06.14

るんるんテゴマス日和(カテゴリー)

るんるん手越祐也(タグ)

拍手または一言メッセージを送る