ジャニヲタです!
ちょっぴりエッチな妄想ラブストーリーを連載中♪
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 卑猥考・仁亀P語り〜つぶやきジャ日誌(2010年8月) | main | 山Pに逢える日〜担当に、街で偶然逢いたいですか? >>
山PとTOKIOと平成ジャンプ〜ジャニリハビリ
盛夏

と呼ぶにふさわしい

猛暑の2010年夏。

東京では、連日30度超えの日が続いています。

今年は発狂しそうな暑さでした。

こんな時こそ

狂おしいほどの恋をしたいものですね。



夏。

といえば、ひと夏の恋。

一時の気の迷いが正当化される季節。

その大義名分のもとに、

人は倫理を無視した恋に走るのです。

すべてを気温のせいにして。

たとえば

少年との背徳の恋。

分別もオットもある大人の女性が

平成ジャンプの小僧に走る。

人間じゃないと人から蔑まれても、

夏なら暑さでおかしくなったと

いくらでも言い訳できますな。

普段正しく生きている人ほど、

極端な恋に走るのかもしれません。

妄想では。



平成ジャンプ。

その名のとおり、

メンバー全員が平成生まれ。

ついこの間までランドセルしょってた

子どもたちです。

ジャニーズデビュー組最年少ユニット。

10代のアイドルは、

主に中高生の入門的恋愛対象として

位置づけられています。

男性に免疫のない少女が彼らに憧れ、

ひとしきりのめりこんだら卒業する。

アイドルは人の成長過程において

必要な存在であり、やがては

飽きられる宿命を背負います。

彼らとの擬似恋愛をステップにして、

少女は大人になってゆくのです。

本当の恋愛を知るまでの繋ぎ。

アイドルは恋の練習教材だともいえるでしょう。

つまりアイドルにキャーキャー言っている中高生は、

真のヲタクではないのです。

一過性の熱でおさまれば

無事に卒業。

いつまでもやめられなければ、

ヲタクとしての幸せを追求する人生を歩むでしょう。

いい大人になってもアイドルが好きな私が、

中高生と同じ人に恋することができるでしょうか。

平成ジャンプ。

昭和を知らない少年たち。

こいつらとのひと夏の恋?

ダメだ。。。

誰を見ても

子どもにしか見えない(ーー゛)

こんな時

自分は凡人なんだと悟ります。

凡人は非凡にあらず。

要するに、真性のヲタクではないわけですね。

きっかけさえあれば辞められる程度のものなのです。

タバコのように。



凡人ゆえに、

知念様と様付けで呼ばれるような

御子にはいけない。

なぜ彼は様付けなのだろう。

運動神経がずば抜けていいせいだろうか。

空中ブランコができるぐらいだから。

この間まで美しく響かせていたボーイソプラノも、

今は高音が出ないようで苦しげです。

苦しげでない時は、

変声期前の声なんだな

と思って聴いています。



藪と光は、幼い頃から見ているせいか

成長しても山Pのバックだとしか思えない。

メジャーデビューしたのに、

まだバックだと思われているとは。

子どもはいつまでたっても子ども。

ジュニアはいつまでたっても

ジュニアなのかしらね。



高木。

ビジュアル的にはもっとも好ましいかな。

理想的な配分の八頭身美男子。

そのパーツのどこにもエロさは感じられないが(私には)。

細っこいカラダといい、

顔の小さいところといい、

頭があまり良くなさそうなところといい、

昔の山Pを見ているよう(何を言い出すんだっ)。

何かの拍子にはじけるかもしれません。



山涼。

このコには期待しています。

平成ジャンプをしょって立つ

現ポジションどおりのセンターです。

ドラマのためにダイエットした反動で

また丸っこくなってきた。

食べ盛りに急激に痩せたんだもんね。

すぐにリバウンドするのも無理はない。

丸い顔も可愛いよ。

子どもだもん。



ほかのメンバーは、

今のところ、よく知りません。

顔と名前ぐらいは一致しますが。

私のような他ユニットの担当にも

個人としての特性を覚えてもらえるよう

がんばっていただきたい。

敬称略で失礼いたしました。



ジャニーズのファンなので

便宜上、ジャニヲタを名乗っておりますが

感覚は茶の間に近いヲタクです。

実際、人よりちょっと金づかいのいい

茶の間なのかもしれません。

現担当より年下の

平成ジャンプやジュニアに降りられないことが、

茶の間レベルを証明している気がします。

茶の間のテレビで映像を観ていれば十分。

それが茶の間、

いわゆるミーハーな一般視聴者です。

この程度でやめておければ、

ライトなファンとして

幸せな人生を歩めるのではないでしょうか。

ジャニーズにのめりこんでも、

幸せになれるとは限りません。

会ったこともない

共演の女優に嫉妬したり、

ヲタ費用を捻出するために

金策に奔走したり、

バーチャルながらも

波乱万丈の人生が待っています。

平和な日々を送りながら、

ドラマティックな気分を味わいたい方にはよいでしょう。

決して結ばれることのない相手でも、

妄想で結んでしまえばいいだけのこと。

ハッピーエンドは約束されています。

ある意味。



ショタでもなく

腐女子にもなれず

どうあがいても

真性のヲタクにはなりきれない

凡なファン。

そんな自分でも

せめて夏ぐらい

人から後ろ指をさされるような恋をしよう。

常識の殻を破って。

山Pの新曲プロモーション期間も終わった。

自担のメディアへの露出が一段落した今こそ

本物の男性とめくるめく恋愛をしてみよう。

担当を裏切って。



ということで、

TOKIOを観ています。

それは本物じゃない?

今さら説明もいらないでしょうが

自分は山Pの担当です。

普段はNEWSやKAT-TUNなどを

主に観て生きています。

彼らに比べたら

TOKIOは十分本物です。

グループ最年少の長瀬くんが、今31歳。

最年長でリーダーの城島くんが39歳。

メンバー全員30代のグループです。

年齢的にもビジュアル的にも

自分と釣り合いがとれて

……はいないが、

山Pと比べたら全然近い。

ジャニーズでもっともリアリティーのあるグループが

TOKIOだと思います。

満場一致で決まりでしょう。

ジャニーズでありながら、

TOKIOは男性からの評価も高い。

彼らに対しては、

ネットでの発言も非常に好意的です。

なんでこいつらジャニーズなのかと、

思われているようです。

特にリーダーは、

その風貌や発言がアイドルらしくないせいか

「城島はジャニーズの良心だ」

とも言われています。



さ。

良心の呵責に耐えるべく、

リアルな恋に飛び込んでみます。

Let's TOKIO.

……。

……。

……。

やはり、山PからいきなりTOKIOは

ハードルを飛び越えすぎた感があります。

きのうまで流動食だった患者が

段階を踏まずに固形にすすむのは

胃に負担がかかります。

せめておかゆぐらいのかたさのものを食べて、

徐々に慣らしていかないと。



時間を少し戻しまして。

2002年から2004年のTOKIOを観ています。

うん。

これぐらいなら、ね。

といっても山Pに比べたら

全然リアルです。

TOKIOって現実的ですよね。

どの角度から観てもミスターです。

彼らは100%男性なんだな。

なに言ってんだと、

自分でも思いますが。

山Pと比べたら

男性としての濃度が違います。

山Pがバヤリースなら、

TOKIOはポンジュース。

同じオレンジジュースでも、

果汁30%と100%の差を感じます。

飲み物に例えると、

必ず薄いものにされてしまう山P。

きっと喉ごしがいいのが

彼のイメージなのでしょう。



さて。

TOKIOのライブでも、最後のほうは

メンバーがTシャツを脱いでいて。

上半身裸のファンサービスがあります。

山口くんの裸。

……胃もたれが。。。

ファイトー!

いっぱぁーつ♪

実用的な肉体です。

重い機材を担いで、

僻地に遠征もできそうです。

出演者兼スタッフとしても雇える、

お得な人材なのかもしれません。

発達した胸筋は、

よく鍛えられているのがわかります。

そこは山Pと似ているようで、

全然似てない。

似て非なるもの。

お裸と裸の違いですね。

実用的な肉体のせいか、

あまりありがたくありません。

せっかく脱いでくれているのに

申し訳ありません。

こいつは山下の担当だから、

しょうがないと思って

許してください。



次は長瀬くん。

2004年の長瀬くんは、今の山Pと同じ25歳です。

ひげ。

生やしててもいいんですね。

山Pと同じ歳なのに。

トゥルントゥルンじゃないんですね。

夏なんだから

もう少しこざっぱりしたほうが。

ひげ、だけじゃなく。

もみあげとか

全体的に。

暑苦しいから。



夏場は家ではパンツ一丁だという長瀬くん。

亀梨くんと同じですね。

同じなのに、

亀ちゃんの30倍ぐらい暑苦しそう。

室温が3度は違うでしょう。

若干暑苦しく感じる亀ちゃんですら、

長瀬くんに比べたら涼しげです。

比較するものによって、

暑さや涼しさは変わるんだと気づきました。

たとえ暑苦しくても

私は長瀬くんが好きなので、

暑さにも耐えられます。

その暑苦しさを、

少し山Pに分けてあげてほしいものです。

男ならガツンといけよと、

彼の背中をバーンと叩いて

気合いを入れてください。

本気でどつくと転んだりするかもしれません。

ケガでもしたらいけないので、

手加減してあげてください。

山Pもマッチョですが、

山口くんとは根本的に違います。

DASH村でのサバイバルライフは、

彼にはキツイかもしれません。

おとなしい人なので、

長瀬くんに説教されたら反論もせずに

はいはい言ってるだけでしょう。

きついことを言うと、

気に病んでテンション下がるかもしれません。

褒めるとやる気になるタイプらしいので、

先輩として優しく教えてあげてくださいね。



こうして振り返ったり

比べたりしてみると、

TOKIOは自然体で売ってきたグループなんだ

ということが見えてきます。

必要以上に手を入れずに。

自然な状態を極力残して。

アイドルなので、

完全な自然ではないのかもしれませんけど。

山Pと比べたら

十分自然です。

いかに彼が不自然な存在なのかが

わかりました。

それでも自分は

山Pを本物の男性だと信じて

生きているので

あんなものは男じゃないと言われても

すぐには受け止められません。

少しずつまともな感覚を取り戻せるように

リハビリを続けたいと思います。

TOKIOなどを観て。



長時間、本物の男性を観続けたせいか

疲れました。

疲れると山Pが観たくなる

P担の自分。

でもここで山Pを観ると

TOKIOとの差をまのあたりにすることに(ーー゛)

本当に彼を男性として好きなんだろうか。

考えても出ない答えを

自分に問うことになるのです。

もう考えるのも面倒くさい。

好きなんだからいいじゃないか。

山Pは男気もあるし、

男らしいところもたくさんある。

今は王子様でもあと5、6年すれば、

長瀬くんやキンキの光一さんのように

ひげも濃くなって

いろんなところが濃くなって

全体的に濃くなって

どこからどう見ても男性だと思えるはず。

そんな日は来てほしくないけれど(え?)

これから少しずつ小汚くなってゆく山Pを

温かい目で見守りながら

そして自分も

少しずつ彼の変化に慣れながら

何年もかけて

まともな感覚を取り戻していけたらいいなと。

そんなふうに思うのでした。



あれ?

ひと夏の恋はどうしちゃったの?

やっぱり

山Pがいいのかしらね

(#^.^#)

web拍手
スポンサーサイト
高木は今はデブですよ、
ミキ | 2010/08/21 10:17
少し顔が丸くなりましたよね(o^∇^o)
まりん | 2010/08/21 13:14
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/08/23 19:36
コメント







ツイッター
→more
トラックバックURL
http://sub-marine.jugem.jp/trackback/837
トラックバック(元記事にリンクを張ってください)