ジャニヲタです!
ちょっぴりエッチな妄想ラブストーリーを連載中♪
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< [妄想おとぎ話]王子様と私〜妄想妊娠 | main | キッカワ君とナガセ君〜つぶやきジャ日誌2011年12月 >>
J食系女子のおしゃべり日記2011〜「リーダーの握手会に行く」の巻
妄想アイドルにファンが語る、実話をもとにした日記的エロトークを読みきりで復活!

本日の聞き手は、バンドのリーダーで、詩人でギタリストのあの方です。



ま「リーダー」

茂「お」

ま「もう握手会終わっちゃった?」

茂「今さっき終わって、お開きになったところやで」

ま「んー、ちょっと遅かったか」

茂「なんや、オレと握手したかったんか」

ま「本にサインしてもらえるっていうから」

茂「詩集を出版したんや」

ま「リーダーすごいよね」

茂「詩集なんて普通は出せへんで」

ま「アイドルで20年がんばると詩集が出せるんだね」

茂「自伝でも暴露本でもない、正真正銘のポエムや」

ま「自意識の塊みたいな文集だよね」

茂「クサい詩は得意なんや」

ま「作詞もしてるもんね」

茂「CDにもなってるで」

ま「リーダーの作詞した曲は、聴いてると顔が赤らむ」

茂「恥ずかしいやろ」

ま「うん、恥ずかしい」

茂「その恥ずかしさが一部のファンの心をつかむんや」

ま「それ私かも」

茂「詩集に名前入りでサインして、ひとりひとりと握手するで」

ま「握手込みのサイン本だよね」

茂「欲しいやろ?」

ま「うん」

茂「ここまで来たんやもんな」

ま「リーダーと握手できるんなら買おうと思ったんだよ」

茂「ポエマーでギタリストでアイドルの握手会や」

ま「40過ぎても結婚もしないでアイドルやってくれてるんだね」

茂「アイドルに定年はないで」

ま「ずっとやっててほしいよ」

茂「女と酒飲んでるといまだに写真週刊誌に載るんや」

ま「リーダーがよければそれでいいよ」

茂「なんや、ヤキモチも妬いてくれへんのか」

ま「40過ぎても結婚もしないでアイドルやってくれてるんだもん」

茂「お国のために働いてきたんや」

ま「本当にそうだよね」

茂「アイドルは国民の偶像やからな」

ま「40過ぎてもまだアイドルなんだもんね」

茂「いつでも恋人募集中やで」

ま「40過ぎても恋愛は模索中なんだもんね」

茂「たまに女と飲むぐらいええやろ」

ま「うん、知らないコだし」

茂「オレは無名の女としか遊ばへん」

ま「アイドルとしてのポリシーなんだね」

茂「アイドルのかがみやろ」

ま「感心はしないけど、参考ぐらいにはなるよ」

茂「若いヤツらの手本になるような遊び方を見せとるんや」

ま「手本にはならなくても参考にはなるよ」



茂「オレの握手会に並びにきたってことは、オレのファンなんやろ?」

ま「ううん、山下担」

茂「山下の担当か」

ま「うん」

茂「なんでヤマピーのファンがこんなところにおるんや」

ま「ヤマピーがNEWS辞めてソロになるとか言い出して」

茂「そういや脱退したんやったね」

ま「グループのリーダーが脱退だよ」

茂「オレがソロ活動のためにトキオを抜けるようなもんやな」

ま「脱退ってメンバーがするものだよね」

茂「普通はそうやね」

ま「リーダーのやり方についていけないとかグループの方針に合わないとか」

茂「メンバーならいろいろ理由つけて辞めるのもアリやね」

ま「リーダーのくせに脱退って」

茂「今までにないパターンやな」

ま「誰もやらないことをやりたかったのかな」

茂「ジャニーズ史上初やないか?」

ま「NEWSだって自分のために作られたようなものなのに」

茂「ヤマピーを中心にして結成されたグループやもんな」

ま「NEWSならヤマピーしか知らない人だって、世の中にはたくさんいるのに」

茂「いまだにそうなんか」

ま「なに考えてるんだか」

茂「ソロでやりたかっただけやろ」

ま「今までだってさんざんソロ活動してきたじゃん」

茂「本格的にソロ活動に専念することにしたんやろ」

ま「ソロしかやりたくないからソロに専念することにしたのかな」

茂「それは本人にしかわからんことや」

ま「ヤマピーはソロでやっていきたいんだろうなって感じてたよ」

茂「ファンに感づかれるようじゃあかんやろ」

ま「NEWSの活動に興味なさそうだったもん」

茂「それを感づかれるようではあかんなあ」

ま「せっかく明大を出て、大手事務所でメジャーデビューできたのに」

茂「なんやドラ息子の愚痴言いにきたんか」

ま「私はお母さんになりたいわけじゃありませんっ」

茂「それじゃまるで有名大学を出て名前の通った大企業に就職できたのに、突然クリエイターになりたいって言い出して会社辞めた息子の相談に来てる母親やで」

ま「ファンを母目線にしてるようじゃあかんよね」

茂「セクシー担当としての自覚に欠けとるな」



ま「脱退のショックでリーダーの握手会に来ちゃったよ(笑)」

茂「オレと握手したかったんやないんか」

ま「たとえ山下の担当や長瀬のファンが並んでても、ボクのファンや、トキオのファンやと思って握手してくれるんでしょ?」

茂「山下はトキオと関係ないけどかまわんで」

ま「昔、長瀬君とドラマで共演させていただいたことが」

茂「そうやったんか」

ま「10年ぐらい前に」

茂「長瀬と共演した後輩はたくさんおるからな」

ま「お世話になっておきながら、その後連絡もせずに不義理してると思うんだけど」

茂「オレらもあんまり後輩と遊ばんから気にせんでええよ」

ま「リーダーって心が広いよね」

茂「アイドルがファンを選んだらあかんやろ」

ま「山下の担当でも長瀬のファンでも、リーダーの握手会に並んでいいんだよね」

茂「あいつばかりモテておもしろないなんて言うてたらトキオは先細りや」

ま「さすがリーダーだね」

茂「いつも全体のことを考えてるんやで」

ま「未来のことも視野に入ってるんだね」

茂「今がすべての若い連中と同じに見えるか?」

ま「おっさんに見えても中身は少年」

茂「アイドルは永遠の少年でいなあかん」

ま「気持ちは少年のまま、オトナの余裕や深みを出していくんだね」

茂「会が終わった後でも、時間が許せばできる限り握手するで」

ま「うっポロリ

茂「嬉しくて泣いとるんか」

ま「おもいがけず人の優しさに触れて」

茂「まあ、突然担当にグループを脱退されたら泣きたくもなるわな」

ま「行くところがなくて」

茂「担当が脱退して、ファンもグループを失ったんやな」

ま「寄る辺ないって、こういうことを言うのかも」

茂「山下がソロになったから寄るユニットがなくなったんか」

ま「ファンもひとりぼっち」

茂「ソロはひとりでやるもんや」

ま「ヤマピーがリーダーでいてくれたから、NEWS担としてファン同士も仲よくやってきたのに」

茂「これを機にトキオを応援してや」

ま「前からこっそり応援してるよ」

茂「これからは大手を振って応援してや」

ま「ジャニヲタなのにトキオのファンて」

茂「トキオもジャニーズなんやから、なんの問題もないやないか」

ま「トキオならもうジャニ縛りなんかいらないんじゃ」

茂「オレらはジャニーズらしくないんか」

ま「恥ずかしくてヲタの間では言いにくいよ」

茂「ファン心理は面倒やなー」

ま「リアルでなら堂々としてられるけどね」

茂「若い男に揺らいだわけでも、顔で選んだわけでもないっちゅうことか?」

ま「NEWSやエイトは知らなくても、トキオのメンバーを知らない人はいないよ」

茂「トキオは紅白にも出とる」

ま「トキオが解散もせずにアイドルグループでい続けてくれて嬉しいよ」

茂「ソロになりたいってことは、アイドル辞めたいって言ったようなもんやからなあ」

ま「ヤマピーは、アイドルとアーティストの間ぐらいの存在でいたいんだって」

茂「なんやハンパやなあ」

ま「もうお手振り曲なんか歌いたくないのかな」

茂「ジャニーズのファンは、タレントと手を振りあうのが好きやからな」

ま「一緒に『ラブラブ&ピース』歌ってもいい?」

茂「そういう曲が好きなんじゃ、アイドルでい続けてほしいわなあ」

ま「なんでオレだけここにいるんだろうって気分だよ」

茂「今の心情に歌詞がおうとるんか」

ま「やってらんないよね」

茂「考えるのに疲れてやさぐれはじめたんか」

ま「ジャニヲタのバカ女だもん」

茂「そういう女が長瀬を応援してくれるんや」

ま「難しい事情なんてわかんないよ」

茂「人間なんて単純な生き物や」

ま「そうでなきゃ、こんな世の中を生きていけないよね」

茂「都合よく考えてポジティブにいかんとな」

ま「こんなにたくさん歌詞をネタにしても、ごく一部の人しかわかってくれないのがせつないよ」

茂「トキオの曲はメジャーやないからなあ」

ま「なんで『ラブラブ&ピース』は教科書に載ってないの?」

茂「たいして売れんかったからやろ」

ま「スマップは載ってるのに」

茂「売れたからなー」

ま「ヲタじゃない女子高生が、トキオの歌は『空船』ぐらいしか知らないって言ってたよ」

茂「電車のCMソングもけっこうヒットしたんやけどなあ」

ま「それもけっこう昔だよね」

茂「中高生は知らんかもしれんなあ」

ま「どうしてスマップは国民的アイドルで、トキオはマニアックなアイドルなんだろう」

茂「時代がトキオにマッチしなかったんやないか?」

ま「キムタクと長瀬君て似てるよね」

茂「顔の系統は同じやね」

ま「同じ事務所にいて同じような顔してるんだから、売れない理由はひとつだよね」

茂「事務所の推しが足りんかったんかなあ」

ま「もっとプッシュしてれば、トキオはスマップになれたかもしれないんだね」

茂「トキオもたくさんCD出しとるで」

ま「その中で1曲か2曲しか知らないって言われたんだよ」

茂「爆発的にはヒットしなかったからなあ」

ま「トキオって不憫なバンドだよね」

茂「その不憫さが一部の人間の心をつかむんや」

ま「不憫で残念だから、せめて私だけでも応援しようって気になるよ」



茂「トキオがスマップになってたら、今頃オレの握手会に並んでないやろ」

ま「キムタクの握手会になんか行けないよ」

茂「なんでや」

ま「トイレ心配だし」

茂「列が長すぎて、途中でトイレ行きたくなっちゃったらどうしようって心配になるんか」

ま「途中で抜けて、また長蛇の列に並び直すなんて」

茂「トイレが近いヤツは、第一志望でなくても回転の早そうな列に並ばんとなあ」

ま「リーダーが不憫なバンドの人でよかった」

茂「オレの握手会は回転早そうだと思ったのか」

ま「アイドルの握手会にしては、比較的回転早いかもしれないなと思ったんだよ」

茂「アイドルの握手会やけど、本当に演奏しとるんや」

ま「知ってる」

茂「トキオはアイドルバンドとしてデビューしたから、まだアイドルバンドやと思われとるかもしれんけど」

ま「まだアイドルで、本当に演奏してるバンドなんだよね」

茂「アイドル兼バンドや」

ま「兼業農家みたいなもんだね」

茂「技術面では専業者に負けとるかもしれんけど」

ま「ボーカル替えろとか言われたらイヤだから技術の話はしないで」

茂「歌が弱いのがバレないように、メインボーカルひとりに頼らないのがトキオのプレイスタイルや」

ま「みんなでかわるがわる歌ってるもんね」

茂「けっこうサマになってるやろ」

ま「テレビかDVDで見れば立派なバンドだよ」

茂「それも技術の賜物や」

ま「いいんだよ、一生懸命やってるんだから」

茂「生とDVDで、音の違いを楽しんでや」

ま「一粒で二度おいしいんだよね」

茂「どっかのチョコレートみたいやな」

ま「商品化されたものにお金を出して買ってるんだよ」

茂「そのために技術者がおるんや」

ま「DVDはクリエイティブ作品なんだよね」

茂「でも本当に演奏してるんや」

ま「うん、わかってる」

茂「バンドとしてはもうひとつ認知度が足らんようやな」

ま「大丈夫。バンドとしてのトキオが好きな男性ファンもいるから」

茂「そうやね」

ま「彼らからしたら、トキオをまだアイドルだと思ってる女もいるってところだよ」

茂「最初はアイドルバンドやったからね」

ま「いつまでもアイドル見るような目で見ちゃって」

茂「自分はアイドル見るような目で見とったんか」

ま「一般視聴者として長瀬ドラマを見てきたからね」

茂「長瀬が入り口のジャニヲタやったんか」



ま「彼は私の妄想形成に多大な影響を与えた人なの」

ま「今でこそ長瀬君は目のクリッとしたかわいいおっさんかもしれないけど」

ま「15歳でデビューした時は目のクリッとしたかわいい少年だったし」

ま「20代の頃は目のクリッとしたかわいいセクシー路線だったよ」



茂「どこを切っても目のクリッとしたかわいい長瀬が出てくるんやな」

ま「きっと50年たっても目のクリッとしたかわいい長瀬君だよ」

茂「じーさんになっても長瀬君て呼んでそうやもんな」



ま「なんか食べてるといまだにかわいいいし」

ま「ギターのピック、口にくわえててもかわいいし」

ま「人に食べさせてもらってると、うわーっ、かわいいと思うし」



茂「トキオの冠番組はパンダの飼育番組やないで」

ま「いつまでもアイドル見るような目で見ちゃって」

茂「動物見るような目で見とるんやないか?」

ま「ワイルド系って、セクシーな時期を過ぎるとまたかわいい生き物になるんだね」

茂「クマやパンダが好きなファンも多いからな」

ま「大物もいけるよね」

茂「小動物だけがかわいいわけやないで」

ま「これから冬にかけて、大きな動物はいいよ」

茂「保温性も高いしな」

ま「私は王子様タイプが好きなんだけどね」

茂「よっぽど太りやすくて毛深いバカが気になるんやな」

ま「そういう人はタイプじゃないです汗汗汗



茂「アイドルなのになんで太ってるんや」

茂「いつまで太ってる気なんや」

茂「ヒゲが汚い腹がおかしいと言いながら」

茂「じーっと見とるんやろ」



ま「腹がおかしいっておなか壊してるみたいだね」

茂「最近は長瀬もTシャツやぶきなんかやらんから、あいつの腹がおかしいことを知らん娘もおるやろ」

ま「もし聞かれたら、仁くんとおんなじだよって言っとく」

茂「赤西も太りやすくて毛深いバカやもんな」

ま「仁はパンダに似てるよね」

茂「セクシーとデブは隣り合わせにある関係や」

ま「そうだったんだ」

茂「ちょっと気を抜けば、あっという間にセクシー路線からデブに転落するんや」

ま「丸い動物もラブリーだよね」

茂「太って汚くなって女に見てもらえるんなら、オレもひげ剃るのやめるわ」

ま「リーダーはひげ伸ばすのやめたほうがいいよ」

茂「なんで?」

ま「みすぼらしくなっちゃいそう」

茂「今は朝の顔やしな」

ま「小ぎれいにしてなきゃ」

茂「朝の番組は清潔感を求められとるしな」

ま「本当に演奏してるギタリストが、朝からお裸で温泉入る仕事もしてるんだね」

茂「体験取材や」

ま「いつでも脱げるようにしてるの?」

茂「どこへ連れていかれるかわからへん」

ま「お裸の仕事は心がまえが必要だよね」

茂「一般人がその時の気分で女口説くのとは違うんや」

ま「放送されるんだもんね」

茂「オレの裸が公共の電波に乗って流れるんや」

ま「裸ぐらい見られたっていいやってわけにはいかないよね」

茂「見てくれたんか」

ま「うん、録画した」

茂「オレの裸を録画に残してくれたんやなあ」



ま「リーダーが40過ぎてもアイドル体型を維持して」

ま「タオル1枚で温泉入ってくれてるの見たら」

ま「自分のカラダを大事にしようって気持ちになったよ」

ま「ヨガやって」

ま「生姜入り鶏だんごスープ作った」



茂「カラダによさそうやな」

ま「ヨガは血行をよくするし、生姜はカラダを温める野菜だよ」

茂「オレの裸を見て、カラダにいいことをしようと思ったんか」

ま「リーダーのお裸って、人を前向きにさせるよね」

茂「喜んでええんかな」



ま「またごはん作るのヤんなった時のために」

ま「録画していつでも見られるようにしてあるよ」



茂「あー、ごはん作りたくないなあと思うたら、オレの裸を見て気持ちを奮起させるんか」

ま「よし! やるぞ! と思うよ」

茂「そんなことを思われたくて朝から脱いでるわけやないで」

ま「私これから抱かれたい男ランキングにはリーダーの名前を書いて投票するよ」

茂「ついにオレもキムタクに並んだか」

ま「そんなこと思ってなくても投票するから」

茂「思って名前書いてくれや」

ま「リーダーは本当に足長いんだなって思ったよ」



茂「風呂に入る時は裸足や」

茂「靴にインソールなんか入れられへん」



ま「リーダーって本物のアイドルなんだよね」

茂「上げ底ブーツや厚化粧で商品化されとるヤツとは違うんやで」

ま「うん、わかるよ」

茂「違いのわかるファンやな」

ま「何年もアイドル見て生きてるんだもん」

茂「どおりで理解があるはずや」

ま「きょうは来てよかった」

茂「そんならよかったわ」

ま「またライブにも行くからね」

茂「本当に弾いて、ギター回すで」

ま「トキオのコンサートはチケットに全力にならなくてもいいから助かる」

茂「チケ取りに全力を注がなくても取れるからな」

ま「じゃあね、リーダー」

茂「おう、また来いや」

ま「うん、さよなら」



茂「……」

茂「握手しないで帰ってしもうた」

茂「オレの握手会をなんやと思うとるんや」

茂「抱かれたい男に投票するんと違うんか」

茂「スッキリした顔で帰っていったな」

茂「話聞いてもらえて満足したんか」

茂「山下のファンは面倒やと聞いとったが」

茂「相当失礼やで」

茂「オレと握手できた感激にむせび泣いて帰れや」

茂「アイドルなんやからな」



(この話はフィクションでございます)



リーダー大好き(*^_^*)
web拍手



るんるんJ食系女子のおしゃべり日記第1話:「ヤマピーとオソロ」の巻

るんるん目次はコチラメモ
スポンサーサイト
コメント







ツイッター
→more
トラックバックURL
http://sub-marine.jugem.jp/trackback/866
トラックバック(元記事にリンクを張ってください)