ジャニヲタです!
ちょっぴりエッチな妄想ラブストーリーを連載中♪
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< J食系女子のおしゃべり日記2011〜「リーダーの握手会に行く」の巻 | main |
キッカワ君とナガセ君〜つぶやきジャ日誌2011年12月
学生時代のクラスメートにファミレスで再会!

クラスでふたりだけキッカワ君のファンだったのだ。

懐かしくて「FNSみた?」と言いたくなっちゃった(^o^)



おじさんになったキッカワ君が、テレビでTOKIOとセッションしてたり…そのすぐ後に昔のファン友達と遭遇したり。

運命の鎖が繋がった気がする。



水球の選手だったキッカワ君。

アイドル時代は運動神経抜群だった。

長い脚を自分の頭より高く蹴りあげ、キックでシンバルを鳴らす演奏方法をあみだした。

バク転だってこなせる人だったよね?



ローラースケートはナガセ君も得意なの。

今はカラダが重くなって、キスマイのようには動けないかもしれないけど。

スケートボードもバイクも、彼は車輪のついてるものの扱いはうまいのよ。

やれば踊ることもできるのよと熱く息子に語る母。

ウザがられても語り継ごうとする心(大事!)。



最近は私のタイムラインでもTOKIOに好意的な人が増えた。

若いヲタの子が”TOKIO兄さん”と呼んで彼らを慕ってくれている。

嬉しい。

「P担だった私の時間を返せ」とやまぴーがNEWS担から罵られる中、TOKIOの株は上がっている。

運命とは皮肉なものだ。。。

web拍手



るんるん関連エントリー
・王子様のお遊び〜つぶやきジャ日誌2011年2月
・山PとTOKIOと平成ジャンプ〜ジャニリハビリ
・平成の兎、昭和の虎
スポンサーサイト
コメント







ツイッター
→more
トラックバックURL
http://sub-marine.jugem.jp/trackback/867
トラックバック(元記事にリンクを張ってください)